粉雪(日劇一公升眼淚之插曲)
作詞:藤巻亮太 作曲:藤巻亮太

粉雪舞う季節はいつもすれ違い
總是錯過細雪飛舞的季節

人混みに紛れても同じ空見てるのに
就算人潮擁擠紛亂 天空也一樣

風に吹かれて 似たように凍えるのに
風吹起 相似的冰凍

僕は君の全てなど知ってはいないだろう
我不能不了解你的一切

それでも一億人から君を見つけたよ
因為一億人中我見到了你

根拠はないけど本気で思ってるんだ
雖然沒有證據 我是真的這麼想

些細な言い合いもなくて同じ時間を生きてなどいけない
沒有細微的口角 就無法在同樣的時間內生存

素直になれないなら 喜びも悲しみも虚しいだけ
若無法坦率誠實 喜悅與悲傷就都是虛幻

粉雪 ねえ 心まで白く染められたなら
細雪 啊 若連內心都染成雪白一片

二人の孤独を分け合う事が出来たのかい
是不是就能分享兩人的孤獨

僕は君の心に耳を押し当てて
我把耳朵貼近你心胸

その声のする方へすっと深くまで
深深貼近那聲音的來源下

りてゆきたい そこでもう一度会おう
想更貼近 想再見一面

分かり合いたいなんて 上辺を撫でていたのは僕の方
想互相了解 想撫摸你的 是我

君のかじかんだ手も 握りしめることだけで繋がってたのに
你凍僵的手 也想緊緊的握住

粉雪 ねえ 永遠を前にあまりに脆く
細雪 啊 前方的永遠太過脆弱

ざらつくアスファルトの上シミになってゆくよ
就像柏油路上一個個的小斑點

粉雪 ねえ 時に頼りなく心は揺れる
細雪 啊 無法依靠時間的內心在搖擺

それでも僕は君のこと守り続けたい
就算這樣 我也想繼續守護你

粉雪 ねえ 心まで白く染められたなら
細雪 啊 若連内心都染成雪白一片

二人の孤独を包んで空にかえすから
包容著兩人的孤獨飛向天空


或許是看過"一公升的眼淚"的關係吧?

總覺得這首歌有獨特的魅力吸引著我...

不禁讓我想起亞也的堅強

即使面對已經確實目前沒有辦法可治癒的怪病

她仍微笑著、堅強著、努力著...

嗯...一個了不起的人並不是取決於金錢與名利的多寡

而是有著一顆為人們犧牲奉獻的心...

或許吧..............................................

    全站熱搜

    dearmysecret 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()